ごっつい花火をドーンと上げよう!

2008年09月03日

こんばんは、キリです(・ω・)ノ
お盆を過ぎてから夜が涼しくなって、クーラーのない実家で過ごしている私にはとても好都合です(笑)


たばちゃん以降、書評がないっぽいので、書評をやっちゃおうかなと。

紹介するのは、Beat Kids/風野 潮 著。

この本は、私が読書に明け暮れた中高生時代の中でもかなり思い入れのある一冊です。
(実は結構読書とかするの好きなんです。パソコンがお友達というわけではありません爆弾


大阪府・北摂の中学校に通っている中学生が主人公なんですが、全編大阪弁で進んでいくわけです。
セリフとかだけじゃなく、心の声や日常の動作など、他の部分も全部が大阪弁!
一番最初に読んだ中学生の頃の私にとってはものすごく斬新でした。

主人公・英二は、ひょんなことから吹奏楽部部長・七生(ななお)に誘われて吹奏楽部でパーカッション(ドラム)をすることになる。

生まれて初めてドラムに触った英二だが、どんどんその才能を開花させていく。
英二とは真逆で、幼いころからずっとドラムをやってきた七生。
七生のドラム演奏を聴いて、英二は思った。
すべてがひとつの景色みたいに完璧に合わさった音のかたまり…
そうだ、これは花火なんだと。

「ドラムは花火なんや!はじけて、光って、響いて、揺れてる、花火なんや。」


その後の一言
「そやから、俺、花火になりたいねん!」

大マジメに花火そのものになりたいと思っていた、英二。
こういうところにちょっとクスっとしてしまいます。


英二の家庭のこと
七生のちょっと複雑な家庭事情
部活で顧問の先生との対立
英二と七生、それぞれの将来

みんな全力で、悩んでぶつかって、バカやって、アホみたいに笑って、一緒に泣いて。


そんな彼らがとてもうらやましく感じます。
そして、読んでいると自分もそのメンバーの一員になったかのごとく一緒に笑って、泣いていて。

読み終わると、とても心が温かくなる一冊です。


ちなみに高校生になった英二を描いたBeat Kids 2もあります!
こちらも合わせて読むことをお勧めします♪


Beat Kids 文庫版・Beat Kids

Beat Kids(ビート・キッズ)
風野 潮(かぜのうしお) 著
出版:講談社
定価:1,155円(税込)  /  文庫版:490円(税込)



長々と失礼致しました〜m(_ _)m


posted by キリ at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歪んだ愛のカタチ

2008年08月18日

こんばんは!実は本好き たばた です☆

ブログテーマは「出会い」ということだったんで、

たばたの番は「僕の出会ったこの一冊」とさせてもらいます。。。

さてさて、今日の一冊は

「容疑者Xの献身」東野圭吾 です!!(多少のネタばれあり)

読んだのは結構前の事なんですが、映画化されるということで(笑)

物語は「追うもの」「追われるもの」両者の目線で交互に語られていきます。

読み進めると、

犯人も解る。
殺し方も解る。
動機も解る。



しかし、アリバイが完璧すぎる!!!

どうして?なんで??・・・・と考え悩みながら最後まで読むと


まさかの結末!!



「そんなーッ!!」って言いたくなります。

僕はこの本の中にゆがんだ愛のカタチを見ました。

東野圭吾恐るべし。




418ZZT4NJ0L._SL500_AA240_.jpg


容疑者Xの献身 東野 圭吾
価格: ¥ 1,680 (税込)

posted by たばた at 03:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリー・ポッターと死の秘宝

2008年08月16日

ども手(パー)ぴかぴか(新しい)クリスですかわいい


ハリー・ポッターシリーズ最終巻「第7巻」

『ハリー・ポッターと死の秘宝』

あらすじを書きたいところなんですが…シリーズものひらめき
まだ第6巻マデ読んでないよー(長音記号2)あせあせ(飛び散る汗)
映画しか観てないよー(長音記号2)あせあせ(飛び散る汗)
…というかたもいらっしゃるハズexclamation×2
そのため今までの内容があまりわからないようにご紹介したいと思いまするんるんるんるん
…書評になってなかったらすみませんたらーっ(汗)たらーっ(汗)


ハリーは17歳になる。
それは母親の護りの呪文が消えることを意味していた。
そのチャンスをヴォルデモートが狙う。

命がけの最終決戦。
ハリーやロン、ハーマイオニーだけではない。
全員が命をかけてヴォルデモートに立ち向かう。

ハリーの運命は…。


これ以上は書けませんが…全ての謎が解き明かされますぴかぴか(新しい)
謎ではなかったことが謎だったりもしますexclamation×2
気にもならなかったことが重要だったりもしますexclamation×2

ハリー・ポッターを読んだ・観たことがある人は第7巻を観ないと絶対損ですよexclamation&question
もちろん読んだ・観たことがない人はもっと損してますよexclamation&question


壮大なハリー・ポッターの世界の全て…知らなくていいんですかexclamation&question



51GFK3JURLL__SL500_AA240_.jpg

書名:ハリー・ポッターと死の秘宝巻・巻
著者:J・K・ローリング
訳者:松岡佑子
出版社:静山社
出版年月:2008年7月
価格:3,990円
posted by クリス at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すきまのおともだちたち

2008年06月10日

こんにちわexclamation×2
おーくらですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


「すきまのおともだちたち」
僕はこの作品を読んだ時、不思議な世界に入り込みました夜


幸せな日々を送っていた主人公。
新聞記者という天職に就き、恋人もいる。
趣味は旅行。旅行先では決まってポストカードを買い、誰かに送っていた。
今回の旅行では恋人へ手紙を送るようだ。
手紙を書き終え、ポストを探して歩いていると、主人公は現実世界から少し違った世界に迷い込んでしまう。
周りには誰もいない。
「パンッパンッパンッ」
物音がする。
その方向へ行ってみると、一人の少女が洗濯をしていた。
その少女は身体は小さいのに随分大人びた感じがする。
家へと招待された主人公。
家の中には喋る事の出来るお皿がいた。
どうやら主人公は「旅人」として受け入れられ、元の世界に戻れるまで家に泊まらせてくれるらしい。


ここがこの作品の見どころですexclamation×2exclamation×2
タイトルの「すきま」とは現実の世界ではない、少し違う世界をすきまと表現しているのです次項有
これから主人公はふとした瞬間に現実世界に戻ったり、またふとした瞬間にすきまの世界に来たり、そんな日々を過ごしていきますsoon家



すきまの世界のおともだちのお皿は、昔は大金持ちに使われていた。
あの頃は楽しくて、幸せだった。
しかし、やがて新しいお皿が使われるようになり、70年間、食器棚の奥底でずっと閉じ込められていた。



「私たちを本当にしばるのは苦痛や災難や戸棚でもないのよ。幸福な思い出なの。」
これに気づいた時、私はそこから飛び出す決心をした。



この表現に心が動かされましたもうやだ〜(悲しい顔)幸福な思い出にしばられる…
こんな切ない事があるでしょうか人影

この作品の登場人物には名前がありませんひらめき
少女、お皿、恋人…。
このように、一つ一つの表現もこの作品の魅力の一つですexclamation
なぜ、すきまの世界に入り込んでしまうのか分からないふらふらだけど、なぜかすきまの世界が心地よいわーい(嬉しい顔)
そんな主人公の気持ちに僕自身も入り込みましたexclamation×2exclamation×2


51YACMGHGYL__SL500_AA240_.jpg
書名:すきまのおともだちたち
著者:江国香織
出版社:白泉社
本体価格:1,200円

posted by おーくら at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荒ぶる有袋類

2008年05月31日

どうも〜グッド(上向き矢印)調子乗って一発目の書評書かせていただきます手(チョキ)



今回僕が紹介する本はドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

本の名前だけ聞くとふざけた感じに聞こえますがほんとに面白いんですよあせあせ(飛び散る汗)

簡単に説明をすると本来ドアラは中日ドラゴンズのマスコットキャラクターなのです。

それがどういうわけか某動画サイトで動画が公開されその動きのキモかわいさに人気が爆発しました爆弾

その結果とうとうドアラが本を出版してしまったのです。

僕もドアラ好きとしては読むしかないだろう!と思いすぐにこの本を読みましたるんるん



基本的にほのぼのとした内容で笑いながらさくさく読んでいけます。

しかし最後にある人から語られるドアラの悲劇、そしてマスコットキャラクターとして生き残るための努力。。

その事実を知った瞬間、僕は今までバカにしていたドアラのことを愛しく感じてしまいました。

普段はふざけつつも裏では努力を怠らないドアラ・・・

そんなドアラにほろりときてしまいます。



野球が好きな人もそうでない人も絶対に楽しめる一冊です。

写真もあって一時間程度で読めるのでとても読みやすい。

これを読めばきっとあなたもドアラの魅力に洗脳されるはずexclamation&question(笑)

ドアラ.jpg
書名:ドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよ
作者:ドアラ
出版社:PHP研究所
出版年月:2008/2/21
価格:1,000円(税別)
posted by しゅん at 06:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。